指輪ははめていってもいいの?両家の顔合わせのときの服装

服装は礼儀正しいものであればOK

両家の顔合わせでの服装に関しては一般的にはフォーマルスタイルが好まれていますが、無理にフォーマルにこだわる必要はなく礼儀正しくきちんとした格好であれば問題ないと考えられています。
例えば男性であればスーツが基本となっていますし、女性の場合はワンピースやアンサンブルスーツなどが好まれています。ワンピースやアンサンブルスーツ以外にも近しいきちんとした服装であれば、基本的には失礼には当たらないので気になる場合はお互いの両親に確認しておくのがおすすめです。
また両家が納得しているのであれば男性はノーネクタイでも構わないとされているので、その店は会場となる場所のドレスコードに合わせて調整していく必要があります。

婚約指輪はつけない方がいいケースが多い

そして結婚指輪に関してですが、基本的には「顔合わせの時に交換する」とされているので事前に受け取っていた場合でも外しておくのが一般的だとされています。そのため、顔合わせが終わってから普段使いを刷るという形にしている人が多いようです。
ただし結婚指輪を身につけるかどうかは、それぞれのカップルや両家の事情によって異なっています。例えば両家の両親が形式にこだわらないのであれば身につけて顔合わせをする人もいますし、婚約期間が長くてお互いの両親が指輪を身につけているのを知っているのであれば身につけていないと失礼になるケースもあるようです。
もちろん身につけて顔合わせに参加した結果「非常識だ」と判断されたケースもあるので、自分たちの事情に合わせて身につけるかどうか相談しておくのが大切です。