これだけは知っておこう!挙式スタイルによって異なる結婚指輪のルール

キリスト教式では、指輪交換がハイライト

結婚式のメインイベントは、何といっても指輪交換です。しかし指輪交換の習慣が日本にやってきたのは明治以降。西洋では昔から行われてきましたが、現代日本ではいろいろな挙式スタイルがあるため、それによって指輪交換のルールも変わっていきます。
指輪交換を行うことが多いのがキリスト教式の結婚式です。これはキリスト教の教義にのっとって執り行われる式のこと。現在では半分以上の人がこのキリスト教式を選択しています。キリスト教徒でなくとも、ホテルや式場のチャペルで行うことができるのがポイント。キリスト教式では、司式者の問い掛けに対して結婚の誓約を行い、その印として指輪を交換します。その後、結婚証明書にサインを行って完了です。

新郎新婦が判断することも

本来指輪交換は、キリスト教式に由来を持つ習慣です。とはいえ、結婚式と言えば指輪交換、というイメージも強いため、神前式や人前式で行うカップルも多くいます。
神前式は日本古来の習慣に基づいた挙式スタイル。古臭い、堅苦しいというイメージが強かった昔とは違い、和文化の見直しに伴って選ぶカップルも増えてきています。神前式には多くの段取りがありますが、新郎新婦が神前に玉串を掲げて「二杯二拍手一礼」を行う玉串奉奠の後に行うことが一般的です。
宗教や格式に捕らわれず、完全フリースタイルで行う式を人前式と言います。演出は式によって異なりますが、やはり結婚式と言う意味合いを持たせるため、誓いの言葉の後に指輪を交換するスタイルが多いようです。