あこがれの最高の瞬間!指輪交換の作法って?

まずは花嫁がグローブを外す

指輪の交換は結婚式のハイライトです。ゲストの視線が集中するので緊張も当然。ギクシャクして失敗してしまわないように、準備は念入りに行いましょう。
指輪交換では、まず初めに花嫁がグローブを外します。普段着けていないので、グローブの扱いには慣れていないという人も多いでしょう。焦る必要はないので、ゆっくりと落ち着いて行いましょう。グローブを外す時は手の甲を正面に向け、鎖骨の辺りに指を揃えます。指先を緩めたら、手袋を引き抜くのではなく、手を下に引いてグローブを外します。ロンググローブハ脱ぎやすいように半分に折ってから抜くとスムーズ。どうしても自身がないときは、外す必要のないフィンガーレスグローブを選ぶのもおすすめです。

いよいよ指輪の交換。手順は?

花嫁がグローブを外したら、新郎新婦はお互いに向き合います。 まず花婿の側から。運ばれてきた指輪を受け取ったら、新婦の左手の薬指にはめます。左手で花嫁の左手を下から支え、ゆっくりと押し込みます。続いて新婦が新郎に指輪をはめます。落とさないよう丁寧に行いましょう。 指はぴんと伸ばしていると逆に入り辛くなってしまうため、自然な状態に緩めておきます。手がむくんでしまって上手く入らない場合は第二関節あたりまで相手に折れてもらい、後は自分でフォローします。 見落としがちなのが、空いている右手の位置。特に新婦の右手はゲストからよく見える位置にあります。指輪にばかり意識を向けて立ち振る舞いがだらしなくならないよう、右手はお腹の辺りに添えておきましょう。